姿勢推定とVRのお勉強

突然ですが、アニメとかゲームのキャラを自由に動かせたら楽しいと思いませんか?

バーチャルYouTuberさんもいいですね。私はシロさんが好きです。それ以外にも自由自在にキャラを動かせたら……と思うと夢が広がりそうです。

 

色々な手法があるようです。大まかには

モーションキャプチャーシステムやモーションセンサーでキャプチャ

・カメラ映像からそれっぽく生成

・あらかじめ大量のモーションを事前登録してその中から再生 ……など

 

機材用意する手間や費用を考えると、カメラを使えるとお手軽そうです。

カメラ映像からモーションを生成する手法のひとつについて調べてみました。

 

姿勢推定

CMUカーネギーメロン大学)で公開された

[1611.08050] Realtime Multi-Person 2D Pose Estimation using Part Affinity Fields

という論文があります。

姿勢推定、画像中の複数の人の2D姿勢を効率的に検出する手法とのことです。

映像から、リアルタイムに人間の姿勢を取得するのですね。

内容

こちらの方のメモを参考にさせて頂きました。

yusuke-ujitoko.hatenablog.com

構造はCNN(畳み込みニューラルネットワーク)で、

・まず一つ、Part Confidence Mapsを作り、体部位の位置を予測する

・もう一つ、Part Affinity Fieldsを作り、体部位間の繋がりを予測する

・これらを連結して、結果を出力する。

これをひとつのstageとし、これを繰り返して、精度を高める。

 

ただPart Affinity Fieldsを解くのはNP困難なので、問題を緩和する。

・エッジの数が最小になるように条件を決定する

・隣接する部位の間のみを解く

 

と問題を単純にするようです。

 

うーん、まだ正直よく分かってない、もう少し調べないと……

もっと機械学習を勉強して、プログラムを作ってみるのが良いのでしょうか。

 

実装例

CMUではOpenPoseというC++ライブラリを公開されています。研究用、非商用だと無料で扱えるとのことです。

 

また、DeNAの研究開発の方がPythonとChainerで実装されていたりします。

こちらの記事もとても参考になります。

engineer.dena.jp

サンプルプログラムを実行しましたが、顔の輪郭や体の姿勢がリアルタイムで取れていました。素晴らしい。

 

おわり 

あまりまとまってなくてすみません。

近いうちに実際に組んでみたいかと思います。

Unityのゲーム作りをさくっと解説(3)

久しぶりの更新です……

多忙により前回の更新より少し間が開いてしまいました、すみません。

 

Unityの初心者向けさくっと解説です。

今回はスクリプトを導入します。

出来ることが大幅に広がり、いよいよゲームらしくなってきます。

 

コンポーネントの追加

現在、シーン内に機能を持たない玉オブジェクトがぽつんと置かれている状態です。(※厳密にはスプライトを描画する機能だけを持っています)

Unityでは、このオブジェクトコンポーネントを足して機能を追加します。

参考:ゲームオブジェクト - Unity マニュアル

物理エンジン関連コンポーネントの追加

HierarkeyウインドウまたはSceneウインドウで玉オブジェクトを選択すると、Inspectorウインドウにコンポーネントが表示されます。

現在の玉オブジェクトには「Transforrm」と「Sprite Renderer」コンポーネントのみがあります。

f:id:chirotec:20180407175243p:plain

玉オブジェクトに、コンポーネントを追加します。 InspectorウインドウのAdd Componentボタンよりコンポーネントを追加(アタッチ)出来ます。

ここではPhysics 2Dカテゴリーの「RigidBody 2D」を追加してみます。 f:id:chirotec:20180407175237p:plain

動かしてみます。「Play」ボタンを押すとエディタ内で動作します。

f:id:chirotec:20180407175531g:plain

玉が落ちていきました。RigidBody 2Dにより、このようにオブジェクトが物理エンジンによる影響を2D空間内で受けるようになります。

次は、玉に「Circle Collider 2D」を、周囲の壁3つに「Box Collider 2D」をアタッチします。

f:id:chirotec:20180407175524g:plain

接触判定が行われるようになりました。

 

プレハブ化

次は玉を大量に生成したいですが、その前に「プレハブ化」を行います。

オブジェクトをプレハブに格納しておくことで、複製が容易になります。

プレハブの作成

上のメニューからAssets -> Create -> Prefab

またはAssetsウインドウで右クリックしてCreate -> Prefabを選択します。

f:id:chirotec:20180407175233p:plain

空のプレハブ「New Prefab」がプロジェクト内に作られます。分かりやすいように名前を付けておきます。

f:id:chirotec:20180407191235p:plain

Hierarchyウインドウのオブジェクトをプレハブにドラッグアンドドロップすると、オブジェクトの内容がプレハブに格納されます。

f:id:chirotec:20180407192715g:plain

また、これまでシーン中にあったオブジェクトはプレハブに関連付けされ、このプレハブのインスタンス(実体)となります。

試しにプレハブをシーン中にドラッグアンドドロップしてみると、プレハブの複製が新しいインスタンスとしてシーン中に配置されるのが分かると思います。

プレハブのインスタンスはHierarchyウインドウ内では青文字となり、Inspectorウインドウでは「Prefab」の項目が表示されます。

f:id:chirotec:20180407193825p:plain

例えばシーン中に配置したインスタンスを更新した後にApplyボタンを押すと、プレハブが同じ状態に更新されます。
なお、メニューの「GameObject -> Break Prefab Instance」を選択すると、このオブジェクトとプレハブの関連付けを解除できます。

スクリプト

ここではゲームのシーン全体を管理するスクリプトを追加します。

スクリプトの導入

ここでは空のオブジェクトを作ってスクリプトを置きます。どこに追加するかは迷うところですが、例えばカメラのオブジェクトに追加してもいいと思います。

HierarchyウインドウかGameObjectメニューの「Create Empty」で空のオブジェクトを生成します。

InspectorウインドウのAdd ComponentボタンからNew Scriptを選択すると、新しいスクリプトがAssetsフォルダに追加されると同時にオブジェクトにアタッチされます。

f:id:chirotec:20180407175230p:plain

Projectウインドウのスクリプト(歯車のアイコン)をダブルクリックすると、スクリプトエディタが起動します。Windows版のUnity2017の標準的なインストール設定だとVisual Studio 2017 Communityが起動するはずです。(標準的にはMonoDevelopがあります。Visual Studio Codeなどを使用することも出来ます。)

f:id:chirotec:20180407175543p:plain

※右上のアカウント情報は伏せてます

スクリプトの編集

C#の解説は少な目です(すみません……他サイト様のC#の解説なども参照願います)

Unityのスクリプトは基本的にはMonoBehaviourクラス ※リファレンス の派生クラスとなります。ここにゲームオブジェクトの振る舞いを実装します。

(画像)

f:id:chirotec:20180407175540p:plain

(テキスト)

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class GameManager : MonoBehaviour {

    // フレームのカウンター
    private int tCount = 0;
    // ピース(現在はボール)
    public GameObject peace;

    // Use this for initialization
    void Start () {
        
    }
    
    // Update is called once per frame
    void Update () {
        tCount++;
        if (tCount>=30)
        {
            // 新しくピースを発生させる
            Instantiate(peace, new Vector3(1.8f, 5.0f), Quaternion.identity);
            // カウントを0に戻す
            tCount = 0;
        }
    }
}

Update()関数は毎フレーム呼び出される関数です。30フレームごとにInstantiate()関数 ※リファレンス を呼び出し、ボールのプレハブのインスタンスを生成します。

 

メンバ変数のpeaceが初期化されてないように見えますが、これはInspectorで行うためです。 後で気が付きましたが、pieceのスペルを間違ってました

publicの変数はインスタンスが生成されるときに初期化されます。GameObject型の変数にはプレハブやシーン中のオブジェクトを入れられます。ここで先ほど作成したボールのプレハブを指定しましょう。 

f:id:chirotec:20180407175537p:plain

publicの変数はインスタンスが生成されるときに初期化されます。ここで先ほどのボールが入ったプレハブを指定しましょう。 

 

実行してみます。

f:id:chirotec:20180407220259g:plain

上から降り続けるようになりました。

スクリプトの改良

もう少し修正してみます。

  • 4色ランダムで降るようにする
  • 降ってくる位置をランダムにする
  • 降ってくる頻度を変更できるようにする
  • シーン中に存在する玉数の上限を決め、一定以上降らないようにする

生成元のプレハブを配列にし、複数の中からランダムで選ばれるようにします。

Random.Range()は乱数を生成する関数です。引数が整数(int)型のときと小数(float)型のときは振る舞いが少し異なります。※リファレンス Random.Range

降ってくる玉の種類を0以上4未満のうちからランダムで選択し、生成するx座標を2.0f以上2.0f以下からランダムで決定します。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class GameManager : MonoBehaviour {

    // フレームのカウンター
    private int tCount = 0;
    // ピースを一個生成するフレーム数
    public int genFrame;

    // これまでに生成したピースの数
    private int pieceCount = 0;
    // ピースの最大生成数
    public int pieceCountMax;

    // 生成するピースのプレハブ
    public GameObject[] piecePrefab;

    // Use this for initialization
    void Start () {
        
    }
    
    // Update is called once per frame
    void Update () {
        tCount++;
        if (tCount >= genFrame)
        {
            if (pieceCount >= pieceCountMax)
            {
                int pieceColor = Random.Range(0, 4);
                float pieceX = Random.Range(-2.0f, 2.0f);
                // 新しくピースを発生させる
                Instantiate(piecePrefab[pieceColor], new Vector3(0, pieceX), Quaternion.identity);
                pieceCount++;
            }
            // カウントを0に戻す
            pieceCount = 0;
        }
    }
}

 

色違いのボールのプレハブを3種類用意します。

f:id:chirotec:20180407210917p:plain

配列となったGameObject型変数pieceのサイズに4を入力して、プレハブを入れます。他のパラメータにも値を入れましょう。ついでにスペルミスも直しました

f:id:chirotec:20180407210923p:plain

実行

 

f:id:chirotec:20180407214158g:plain

非常にそれっぽくなりましたね。 降ってくる最大数のパラメータを変更すると、その通りになるのが確認出来ると思います。

 

次回予告 

次回はユーザーの操作も入れて、よりゲームらしくします。 今度はなるべく早いうちに……

 

Unityのゲーム作りをさくっと解説(2)

御礼

前回の初心者向けUnity記事を公開したところ、アクセスが急増して

私たいへん驚いておりますΣ(・ω・ノ)ノ

ご覧になってくださった皆様、ありがとうございます! 

前回の記事はこちらです。

chirotec.hatenablog.com

今回は一から自分でゲームを作成していきます。

これどう考えても3、4回じゃ終わらないですね…… 

 

ゲーム作り

まず、どんなゲームを作ってみようかと考えます。

今回は以下のようなゲームをイメージしました。

・パズルゲームっぽいゲーム

・フィールドはコップを横からみたような形状、そこに色の付いた玉が敷き詰められている

・玉は自然にそれっぽく動く(物理演算で落下し衝突する)

・玉をタップ/クリックしたら繋がった同じ色の玉が消え、消した分だけ次の玉が降ってきて補充される

イメージ図としては次のようになります。

f:id:chirotec:20180323110729p:plain

それでは、作ってみましょう。

 

プロジェクトと最初のシーンを作成

まずは新規プロジェクトを作成します。

ここで2Dか3Dを選択しますが、2DにするとEditorの設定が2Dゲームを作るのに適した状態となります。(後で変更可能(公式マニュアル)です)

今回は2Dで作成します。

f:id:chirotec:20180323102053p:plain

 

開いたときにデフォルトのシーンが作成されていますので、そのシーンをmainなど分かりやすい名前を付けて保存します。(File->Save Scene)

f:id:chirotec:20180323102333p:plain

不慮の事故で作業状況が失われると非常に悲しいので、ctrl+Sで頻繁にシーンを保存する癖を付けるべきかも。 

 

 

ゲーム作り開始

前回は完成品のプロジェクトをそのまま使いましたが、

今回は自作の画像を取り込んで、シーンを作成していきます。

素材のインポート

 壁と玉の画像を用意します。

(今回は仮の画像なので、すごく適当な画像です)

f:id:chirotec:20180323104316p:plain:f:id:chirotec:20180323114957p:plain:f:id:chirotec:20180323115003p:plain:f:id:chirotec:20180323115006p:plain:f:id:chirotec:20180323115011p:plain:

ProjectウィンドウのAssetsのところで右クリックして「Import New Assets...」を選択するか、もしくはエクスプローラーから直接ドラッグアンドドロップします。

f:id:chirotec:20180323120331p:plain

画像ファイルから生成されたスプライトが、プロジェクトに追加されました。

ここで3Dモードだと、テクスチャが追加されてしまうはずです。 

 

壁の作成

現在、シーン中にはカメラしかありません。

まずは壁を作ってみましょう。

“GameObject->2D Object->Sprite”

とすると、空の2Dスプライトがシーン内に追加されます。

左のHierarchyを見ると、"New Sprite"が追加されているのが分かると思います。

このままだと、ゲーム中では何も見えません。

f:id:chirotec:20180323122926p:plain

左のHierarchy内に追加された"New Sprite"をクリックすると、右の"Inspector"内にオブジェクトの詳細が表示されます。これはオブジェクトの種類によって変わります。

"Transform"が位置、"Sprite Renderer"が2Dスプライトとその描画設定を表します。

カメラをクリックした後に先ほどの操作をすると、追加されたスプライトの位置がカメラに重なっている場合があります。Positionのz座標が0になっていない場合は、0にしておいて下さい。

"Sprite"の右の丸をクリックし、壁の画像を選択すると、スプライトが描画されるようになります。

f:id:chirotec:20180323130052p:plain

実はProjectビューからアイコンをSceneビューにドラッグアンドドロップしてもシーンに追加出来ます。

側面と底のスプライトをそれぞれ追加して、サイズと位置を調整して壁を作ります。名前もwall_leftなど分かりやすくしましょう。

f:id:chirotec:20180323130121p:plain

玉の仮作成

同様に玉も置いてみます。とりあえず一個だけ配置します。

f:id:chirotec:20180323131702p:plain

……

どうするの?

しかし、本来玉はランダムで沢山降ってくるはずです。

・玉を落下させるにはどうすればいいのか?

・ゲーム中で玉を新しく作るには? 

・クリックしたら消える処理は?

 

これからひとつひとつ解決します。

・玉にRigidbodyを追加、玉と壁にColliderを追加し、物理演算で動かす

・玉をプレハブ化して、同じ物を大量に降らせる

クリック判定玉を消す処理を作る

 

いよいよゲーム作りらしくなってきました。

ここで一旦区切り、ひとつひとつ解説します。

次回へ続く。

 

次回予告

今回はゲーム中の画面をそれらしく作ってみました。現状では「ただそこにある」だけで動きません。見栄えもたいへん地味です。

次回は先ほど追加した球が物理演算で動くようにし、さらに玉がゲーム中で降ってくるようになります! スクリプトにも触れますのでお楽しみに!

更新頑張ります。多分土日くらい?

Unityのゲーム作りをさくっと解説(1)

特別編

今日は気分転換です。

下のミニゲームがどのように作られているかを紹介したいと思います。

https://unityroom.com/games/minibakery 

使い方とかはぶっちゃけ公式のマニュアルUnity User Manual (2017.3) - Unity マニュアルを参考にすればいいのですが、軽く流れを触れます。

長いので3~4回くらいの連載になりそうです。Unityのことを知らない方や、初心者の方向けの解説になればいいなあ。

 

Unityとは

Unityと名前が付いたプロダクトはいくつかありますが、もちろんここでは

「Unity Technologies社の公開しているゲームエンジン、開発環境」を指します。

うぶん/とぅのデスクト/ップ環境とは関係無いです

unity3d.com

同社いわく「上位の人気オンラインゲームの内34%がUnityで制作されています。」だそうですよ。

なおライバルとなる製品にはUnreal Engineや、オープンソースのCocos2d-xなどがありますね。

 

Unityのインストール

同社のサイトからUnity Personalのインストーラーをダウンロード、実行します。基本的に画面の指示に従うだけです。

開発のターゲットに応じてインストールするコンポーネントを選択します。例えばChromeFirefoxなどのウェブブラウザで遊ぶゲームを作成する場合は「WebGL Build Support」にチェックを入れておきましょう。

f:id:chirotec:20180321133327p:plain

また、まだインストールされていない場合はVisual Studio 2017 Communityを一緒にインストールすることも出来ます。スクリプトC#ソースコード)の編集やデバッグに使います。

 

アカウントを作成・認証(メールアドレスが必要です)し簡単なアンケートに答えると、いよいよUnityを使用出来ます。

  

プロジェクトの作成

Unityを起動すると、以下のような画面が出てきます。

f:id:chirotec:20180321134719p:plain

「Project」タブに現在PCに保存されているUnityプロジェクトの一覧が、「Learn」タブにはチュートリアル等が表示されています。

右上の「New」ボタンを押し、適当なプロジェクトを作ってみましょう。

 

Unityにようこそ

これから永らくお世話になるUnity Editorの画面です。

f:id:chirotec:20180321140102p:plain

画面内に多くのウィンドウがあります。これはDefaultの配置ですが

・右上のLayoutセレクトボックスを選択

ドラッグアンドドロップ

・Windowメニューから追加

などで自由にレイアウトを弄ることが出来ます。詳しく知りたい方は公式マニュアルのインターフェースについてとかメインウィンドウをお読みください。

個人的には「2 by 3」のレイアウトが使いやすいと思ってたり。

(※この記事では、ウィンドウを見やすくするためちょくちょくレイアウトを弄っています。)

 

アセットの導入

アセットとは、ゲームの部品です。

画像、モデルデータ、エフェクト、音楽、効果音などの素材やスクリプト、完成プロジェクト、エディタの拡張まで様々な種類があります。

アセットストアで無料のものから数百ドルのものまで入手することが出来ます。

https://www.assetstore.unity3d.com/jp/?stay

 

サンプルプロジェクトの導入

今回、試しにサンプルプロジェクト"Tanks! Tutorial"を入れてみます。(これは完成プロジェクトですので、新規プロジェクトを作って追加してください)

https://www.assetstore.unity3d.com/jp/?stay#!/content/46209

 

アセットをインポート後、プロジェクトウィンドウを見ると色々追加されたのが分かると思います。

とりあえずSceneファイル(ここでは「_Complete...」という名前のUnityロゴのアイコン)を開いてみて下さい。

f:id:chirotec:20180321144440p:plain

 

シーンビュー、ゲームビューを見ると、完成品のゲームの一場面があることが分かります。

f:id:chirotec:20180321145654p:plain

 

画面上部のPlayボタン(三角)を押すと、Editor上のゲームビュー上でゲームを動かせます。もう一度押すと元に戻ります。

f:id:chirotec:20180321150648p:plain

(wasdで移動、スペースで弾発射のようです)

 

サンプルプロジェクトのビルド

ゲームは作って終わりではないです。公開するために、ビルドしてみましょう。

メニューの「File」>「Build Setting」を開きます。

f:id:chirotec:20180321151418p:plain

Platformのところで「WebGL」を選択し、「Switch Platform」を押します。

これでWebGLに出力する準備が出来ます。(少し時間がかかります)

 

次に「Add Open Scenes」を押し、現在開いているシーンを0番シーン(ゲームの起動時に開くシーンです)とします。

f:id:chirotec:20180321151755p:plain

 

次に「Build」を押し、出力先のフォルダを選択します。空のフォルダを作ってそこを選択しましょう

以上の手順を踏むと、完成品のゲームが出力されます。結構長いので気長に待ちましょう。

f:id:chirotec:20180321154206p:plain

出力された「index.html」をFirefoxで開くと、ゲームの動作が確認出来ます。

Chromeはローカルにあるファイルは読み込んでくれないようです。サーバーにアップすることで確認出来ます。

・Edgeでも動くはずですが、何故かこのチュートリアルは文字以外のゲーム画面が真っ黒になってました……(調査中)

f:id:chirotec:20180321155150p:plain

 

まとめ

今回は、Unityの導入からゲームアプリケーションの公開までの流れをざっくりと紹介しました。

これでUnityを使ってゲームを作り、公開できるようになりましたね。(多分)

次は、簡単なシーンの編集の仕方を紹介します。

Python、Pandasを用いたExcelシート取り扱い

今日のお題

前回の記事ではPythonとPandasを使ってExcelファイルを読みましたが、今回はその詳しい解説とその続きです。

C++,C#などでそこそこ熟練したプログラマーPythonに初めて触れたときの感想、といった内容になってきました。

Excelシートの内容をDataFrameに変換

まずは前回記事のコードの解説からです。

# インポート
import pandas as pd
# ファイルのロード
filename = "C:\work\in\実験.xlsx"
file = pd.ExcelFile(filename, encoding='utf8')
# シートをDataFrame型として読み込んで、リストに格納
df_list = []
for sheet in file.sheet_names:
df_list.append(file.parse(sheet))

for ~ in file.sheet_namesでExcelファイル(ブック)内の各シートを列挙しています。

さらにfile.parse(sheet)でシートの内容をDataFrame型として読み取っているのですね。

この場所ですが、後でシート名も必要になりましたので

for sheet in file.sheet_names:
df_list.append( (sheetName, file.parse(sheetName)) )

と、名前とDataFrameを要素に持つタプルにして格納するよう変更しました。

データの構造にはいつも頭を悩まされますが、Pythonは分かりやすいですね。偉いぞPython

DataFrame内のデータ処理

次に、このように格納したデータをプログラムで処理することを考えます。

for文のinの前に2つ変数を書くことで、リスト内の要素として取得したタプルから、さらに2つの要素を取得出来ます。

# 各シートごとに処理
for sheetName, sheetdf in df_list:
    # 先ほど格納したシート名とDataFrameが取得される
    # DataFrameを行ごとに処理
    for index, row in sheetdf.iterrows():
        #indexが行番号、rowが行の内容
print(row) #とりあえず表示してみる

DataFrameからは、iterrows()で列挙された行を取得できます。

ここでrow[0]がA列のセルの内容、row[1]がB列のセルの内容……となりますので、自由に扱えますね。

後書き

実際のプログラムではもっと複雑な構造のデータを扱うことがほとんどですが、この辺りは慣れたいですね。

次回はプログラムのテストについて、書けたらいいなあと思います。

pythonはじめました

はじめに

Excelのシートを使ってちょこちょことデータを出力するアプリケーションが必要になり、そこではpythonを使うことになりました。

pythonの文法は興味レベルで少しだけ知ってますが、実務で使えるかな……大丈夫でしょうかと思いつつも早速やってみました。

インストール

さっそくpython3をインストールし、pandas等必要なライブラリをインストールしました。

  • python …… 御存知人気プログラム言語のインタープリタ。今回は3.64を使用しました。
  • numpy …… python数値計算を行うためのライブラリです。
  • xlrd …… pythonExcelファイルを読み込むためのライブラリです。
  • pandas …… pythonでもっと便利にExcelファイルを扱うライブラリです。上記2つのライブラリが必要です。

ちなみに私の環境では、前回Visual Studioをインストールしたときに

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Shared\Python36_64

にインストールされていました……ここを使っていいのかな? 一応インストーラーを実行して$PATHを追加しようとすると、ここに設定されます。本当にいいのだろうか。

未検証ですが、pipで他のライブラリのインストーラーを実行するときに、コマンドプロンプトに管理者権限を与えないとエラーが起こるような気がします。

この辺は機会があるときに整理せねば。

実行してみる

さっさく実験プログラムを書いてみました。(Converter.py)

# Converter.py
import pandas as pd

print("Excel Converter ver0.0.0.1")
filename = "C:\work\in\実験.xlsx"

# ファイルのロード
file = pd.ExcelFile(filename, encoding='utf8')
df_list = []

# シートを読み、シートの内容をデータフレームとして取得し、リストに追加する
for sheet in file.sheet_names:
    df_list.append(file.parse(sheet))

# とりあえずprintで画面に表示
print(df_list)

 コマンドプロンプトで以下を入力

python Converter.py

 

読めてる! 

ほんの数行のコードですが確かに読めてる!

python君すごい! 出来る子!

 

と感動しました。まあ実際はライブラリに読み込ませてDataFrameを作成し、printにそのリストを丸ごと突っ込んで表示してるだけなんですが、それでも意図したように書きやすいと思いました。人気なのも納得です。

実際に各行ごとに処理を行わせたい場合など、for~in文でDataFrameのiterrows回したりして手軽に行えるようです。それはまた次回に触れます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ブログ開設

はじめまして、プログラマーのchirorinです。

ブログを開設しました!

 

記事はまだ無いですが……

こちらは技術系ブログにする予定です。

ゲーム開発などなど

 

試作ゲームもありますので触って頂けると嬉しいです。

https://unityroom.com/games/minibakery

(こちらも近日中に更新しないと……)

 

よろしくお願いします!